皆さん、こんにちは。i-form・斉学舎代表の斉藤です。

さて、今日はどんな勉強が苦手な子でもすぐに出来る、内申対策を紹介します。

西葛西中学校、東葛西中学校、葛西第三中学校など、地元江戸川区葛西の公立中学校の生徒を想定しています。

内申=通知表の数値です。
この通知表の項目の一つに、
「主体的に学習に取り組む態度」
というものがあります。

主に、レポートやノートの提出、授業中の質問などで判断しますが、
まずは、「授業中の姿勢」を見直しましょう

どんな先生でも、悪い姿勢だと嫌な気持ちになります。

たとえば、右の写真のような、お尻が前で、足を投げだした姿勢。
出来る限り勉強内容に目を近づけたくない感じがしますね。

 

二番目の写真は、むしろ「もう寝る寸前」といった雰囲気です。
当然、やる気があるようには見えません。
私も、昔は給食の後とかこうなったことあるので、気持ちはわかるのですが・・・

他にも、
「爪弄り」「消しゴム弄り」なども嫌がられます。

もちろん、おしゃべり等の授業妨害は問題外でしょう。

もし勉強が苦手で、でも内申を上げたい場合。

まずは授業中の姿勢を改めましょう!

「姿勢を正す」
「先生の目を見て話を聴く」
「先生の話に、頷きを返す」
この程度で、先生はとても嬉しい気持ちになります。

なお、特性として体幹が弱く、姿勢を正せない場合や、
ADHDなど、衝動性が強く集中できない場合は、
「無理に今すぐ直せ!」
という対応よりも、放課後デイなど支援サービスを利用し、少しずつ改善していくことをお勧めします。

i-formでは、学習相談・発達関係の無料相談を受け付けております。

もしお悩みの方は、こちらよりご連絡ください。

コメントを残す