前回掲載しました中高生の国語読解力低下の記事、いかがでしたか?

→(前回の記事はこちら)

中高生たちの国語読解力の現状をご理解いただけたでしょうか?

この対策として、i-form(アイフォーム)では小学生のうちからの国語教科書の読解に力を入れています。

具体的には

①安心音読

②ヨモヤマ話

の二つです。

 

①安心音読

国語の学習について、音読の重要さがよく指摘されます。

実際に声に出してみることで、自分が読めているかどうかわかるからですね。

そのためi-formでは「安心音読」を実施しております。

これは、先生が音読した後に続いて生徒が同じ箇所を音読する、というものです。

何が「安心」なのかと言いますと、先生のお手本があるから「安心」なのです。

 

音読が苦手な生徒は、自分の読み方が正しいのかどうかを気にします。

そんな生徒に「ひとりで音読してみろ」と言ったら、生徒は強い緊張感に襲われることでしょう。

その緊張感を取り除けば、音読への抵抗感が減り、効果的な音読ができます。

先生がお手本を示し、それをマネすればよいだけ、となれば、かなりリラックスできるでしょう。

甘やかしているようにも見えますが、これを続ければ一人でも読めるようになっていきます。

 

※次回に続きます